素材から作りまでメイドインジャパン。

革市通信KAWAICHI COLUMN

ちょっといいモノを毎日に2021年12月03日

あわただしい12月は贈り物の季節!日本革市、お家でプレゼント探し

日本革市choice / レザーアイテム特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
あわただしい12月は贈り物の季節!日本革市、お家でプレゼント探し
スペシャリティショップ出身の鎌倉泰子さんが、日本中から集めた本革製品の中から、バイヤー目線、ユーザー目線でレザーアイテムをご紹介します。

この記事を皆さまが読んでくださっている頃には、お手元には普段よく行くショップからクリスマス限定アイテムを紹介する素敵なダイレクトメールが届いていたり、忘年会やクリスマス会の予定を調整されているのでしょうか。これを書いている今は11月上旬、私は出張先に向かう新幹線の中でございます!朝とっても早かったので、乗ってから少し眠っておにぎりを食べて、パソコンに向かっているところです。
11月、12月は物を「作る」「売る」かたも、一般的に「消費者」と呼ばれるそれらを選んでくださるかたも1年の内で特に忙しくもあり、楽しい季節です(たぶん)。忙しい合間をぬってプレゼントを準備し、1年分の感謝や愛を伝える日本のクリスマス。海外にいてなかなか日本には来られないお友達にはMADE IN JAPANの製品はきっと喜んでいただけると思いますし、本革を使ったアイテムは、「一緒に年を重ねる」という感覚が、ご家族やパートナーに差し上げるのにふさわしいのではないでしょうか。

というわけで、「持っていたら便利」、「日本革市での人気アイテム」、そして私の個人的好み、という視点でクリスマスプレゼントにお勧めしたいジャパンレザーアイテムをご紹介させていただきます。皆さまのプレゼント選びのお手伝いができると嬉しいです。

ストラップの長さは自由自在 ユニセックス ファスナー付きサコッシュ

肌触りの良いエンボス加工をした牛革のミニバッグです。マチは3.5㎝で薄めですが、長財布にも対応できる幅ですし、スマートフォンは外側のポケットに縦に入れられてとても出しやすいんです。ストラップは結び目を作って長さを変えられるので、これからの季節のアウターのボリュームを選びません。取り外しできるのでバッグインバッグとしても。お荷物の少ないかたにはもちろん、いつも大きなバッグのかたにも使っていただけそうですよね。

サコッシュ

(メーカー:株式会社 DIECI-LABO

持っているポーズがかわいいのです! 2WAYハンドバッグ

ショルダーバッグや斜め掛けバッグは手があくので便利ではありますが、やはりどちらかというと活動的でカジュアルな印象。女性らしさやクラシカルな印象を抱くのは、背筋を伸ばして立ち、両手で持つような「ハンドバッグ」ではないでしょうか。個人的には着ている服のシルエットが変わってしまうのを避けたい時もハンドバッグを選びます。あとね、バッグメーカーのか男性スタッフさんが言っていましたよ。「女性って、なーんかタッセルが好きですよねぇ...。」ええ好きですよ。女性は揺れるものが好きなんです。...とここで私が言い切ってはいけませんが、好きなかたは多いような気がします。

オリーブレザー 2WAYミニボストンバッグ

(メーカー:エールック株式会社

500mlのペットボトルが入ったり、内外のポケットが充実していたり、と才色兼備の本革バッグ。タッセルは取り外し可能。ベーシックカラーからアクセントカラーまで、5色から選べます。

大正14年創業 MADE IN TOKYO、ANNAK×栃木レザーの小さめ財布

この1年でライフスタイルが大きく変わり、それに伴いバッグの大きさが変わったかたも少なくないのでは、というお話は以前にもさせていただいていましたね。現金をあまり出し入れしなくなったことで、お財布をバッグの大きさに合わせて変えることが以前より面倒ではなくなったというお声も聞きました。
手ぶらで出かけたい時、小さなバッグを使いたい時のために、ひとつ持っておくといいかもしれないコンパクトウォレットです。数枚のカードと、少しのお札でOKの時もありますよね。ファンも多い素材「栃木レザー」を、オリジナルのカラーで仕上げました。ナチュラルなヌメ革にシルバーの顔料、というちょっと変わった組み合わせで、メタリックなのにどこか温かみが感じられるのは総本革だから。数年後の経年変化が楽しみです。

L字型コンパクト財布

(メーカー:株式会社 三竹産業

メーカーサイトでは、無料ラッピングもお願いできます。(リボンはイメージです。)

軽くて小さくても、きちんと眼鏡を守る眼鏡ケース

もうこれは本当に笑えない話なのですが、昨年コロナ禍で家にいる時間が長くなり、圧倒的にスマホを見ている時間が増えたからか、急激にまた視力が落ちてしまった私。それで去年も今年も眼鏡を新調したのですが、ケースまでは気が回らずそのまま。ひとつ、実はあまり気に入っていないものがあるのですがいただいたものをそのまま使っています。
こちらの眼鏡ケースの色は全部で10色。内装も外側と同じ革でカラフルです。真ん中にブリッジを支える突起がついているので、眼鏡が中できちんと安定します。縦ではなく横に眼鏡を入れるので、出し入れする時にテンプルの部分に力がかかりにくく、いつの間にか眼鏡本体が歪んでしまうなどということを防げます。イメージする色、お好きそうな色で選んで差しあげてください。眼鏡はメーカーによって大きさも異なりますのでサイズを確認して選ばれることをお勧めします。こちらもクリスマスにぴったりなラッピングしていただけるそうですよ。

メガネケース(ハード)

(メーカー:株式会社 Spica Products

新しい毎日に新しいキーケース

一般的な企業の人事異動は春だけではなく秋もあるそうですので、お引越しをしたばかり、というかたは周りにはいらっしゃいませんか?
毎日触れるものなので、紫外線やキズ、皮脂などでエイジングしていくヌメ革や素あげ革のキーケースも素敵ですが、こちらは12月の華やぐ気分にぴったりな箔加工のキーケース。サークル柄が光を乱反射し、控え目で上品な輝きが気分を明るくしてくれます。シルバー、ゴールド、ブラックの3色で、なんだかお守りのようにも、ベルのようにも見えますね。

キーケース

(箱付き。ラッピングはイメージです。)

(メーカー:SIMPLE SENSE

バッグ、お財布、小物をご紹介してきましたが、最後にもうひとつ。何に使うかは貰ったかたの自由になるのが「ポーチ」ですよね。贈り物に迷ったら「レザーポーチ」はお勧めです。素材は肌理(キメ)が細かく肌触りの良い国産キップレザー。パーツ数を多くして丸さのある長方形に仕上げた、凛とした佇まいの本革マルチポーチです。裏地のナイロンも濡れたようなしっとりとした肌触り。サングラス、メイクグッズ、ケーブル類や文房具など、普段使いの日用雑貨を「良い物」に入れる。大人の物選び、という感じがします。

マルチポーチ

(メーカー:株式会社 猪瀬

プレゼントは、相手がこれを選ぶために時間を使ってくれた、ということが嬉しいのですよね。ちょっと話は逸れますが、年に一度のクリスマスプレゼントに限らず、最近私が知ったプレゼントの楽しみかたは「詰め合わせ」です。販売職や美容業界の友人らは今の時期とても忙しいのですが、「12月頑張ろうね」「来年もよろしくね」というようなメッセージを込めて、チャック付きのかわいいビニール袋や巾着袋に、お菓子や小さいセルフケアグッズが入っているようなものを交換し合うんです。小さなハンドクリームとか、石鹸とか、かわいいお菓子とか、ですね。ラッピングも100円ショップで揃うようなものだったりするんですけど、リボンやシールを使って仕上げます。きらっきらの個包装の甘いお菓子に紛れてお煎餅みたいな「しょっぱいお菓子」が入っていたりすると「わかってる!」とお菓子バイヤーとして高得点がもらえます。
そうこうしていると塵(じゃないけど)も積もって「結構お金使っちゃった!」ってなったりするんですけど、楽しいものです。あ、でも12月に久しぶりに会う前職の後輩たちの為には、もちろん革製品を準備しましたよ。何を買ったかは内緒。3人で色違いです。

さてさて、ご家族、パートナー、友達、お世話になっているかたがたへのクリスマスプレゼント選び、参考になりましたでしょうか?2021年、年内の「革市通信」、鎌倉のお届けはこれが最後です。8月にリニューアルした「日本革市」のWEBサイト、隅々までご覧いただけましたでしょうか?これからも、良いお品物、素晴らしい職人の方々やデザイナーさんをご紹介していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
良いクリスマス、良いお年をお迎えください。来年またどこかの「日本革市」でお会いしましょう! それでは、また。

次回12/17(金)の革市通信は、鹿革で手縫いの本革製品を作っている「KAZINO leather works」の代表、梶野様のインタビュー記事です。お楽しみに!

文/鎌倉泰子

このページをSNSでシェア!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE